゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃのビリヤードセットを買ってみた
2006年10月06日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク





某大手おもちゃ屋で、おもちゃのビリヤードセットを買ってみた。
普段だったら欲しいと思っても、こんなもの絶対に買わない。

しかし!!

私は今、かなり精神状態が不安定。
安っぽいということがわかりきっているのに2999円という激安価格にもつられて、ふらふら?゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ と買ってしまった。
本当は、こんな物で遊んでいる余裕など全くないはずなのだが。

帰ってきて喜んで箱を開けて組み立ててみる。
「お!安いのに見た目は結構、いいじゃん」

こんどはボールを並べて撞(つ)いてみた。
張ってある緑色の生地が悪いのか、ボールが小くて軽いので回転しにくいのか、かなり強く撞かないとうまくいかない。
9ボールをやってみようと思って、ボールを並べて順番に撞いていたら何か違和感が。
「あれ?なんか6がないかも」
“6”のボールが見あたらないのだ。
「どこかに落ちているのかな?」「袋から出し忘れたかな?」
なんて思いながら数を確認してみたが、ちゃんと個数は全部で15個ある。
うわ?ぁぁぁ(>△<) 数は足りてるのに6がない?。心霊現象???
とか一瞬怖がりながらもよく見たら、何故か同じ数字をしたボールが2個あるのを発見してしまった。

「ありゃ?“14”が2個ある。これって変じゃないの???」

思ってみたけれど、私は全然ビリヤードには詳しくない。
おもちゃとはいえ、重いビリヤード台を持っておもちゃ店まで行ったとして、店員のおね?さんに「ふふん。“14”のボールは2個あるのが当たり前なのよ。そんなことも知らないなんて(*′З`)プププ」とか言われたりした日には、最近、精神状態が不安定な私は、恥ずかしくておもちゃ屋で暴れ出してしまうかも知れない。

という訳で、そんなことが起こらないためにも、おもちゃ店に持ち込む前にメーカーへ電話することにしたのだ。
相手のミス(不良品)かも知れないのに、わざわざこちらから東京への遠距離通話をするのは、もったいない気もしたので、前にSkypeギフトデーでもらった無料通話の実験も兼ねて、今回はパソコンからSkypeを使って電話をした。

メーカーに電話をかけると、ワンコール目が終わりきっていない、本当に瞬時の間隔で相手が出たので、心の準備をするヒマもなくてビクっとなってしまった。流石だ。お客を待たせないよう、ワンコールで電話を取れと教育されているのだろう。
この前電話した、某都市型金融機関のサポートセンターとは大違いだ。あそこは1週間で50?60回以上リダイヤルしてもつながらなかった。まあ、会社の規模が違うのもあるけど。

で、おもちゃのビリヤードセットを輸入販売しているメーカーに電話がつながった訳だが、電話のおねえさんによると、やはり商品の梱包が間違っていたらしい。
そして、「この商品はかなり昔に販売していたもので、現在在庫が無く交換が出来ない状態です。申し訳ありません」ということだった。

(´-`).。oO(あ?、と言うことは、購入したおもちゃ店に持っていって、直接交換してもらえと言うことか。おもちゃ店には、まだ5つくらい同じやつが積んであったからな。しかし、かなり昔の商品って、昔から誰も買わなかったような物を買ったのか、おいら)

(´-`).。oO(でも、重いし箱に詰め直して持っていくの面倒だな。交換してくれたとしても、あまりボールの滑りも良くなかったし、もう遊ばないかも。困ったな)

など考えていると・・・、

「もしよろしければ、返金という形で対応させていただければと・・・」とおねえさん。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \    やった!返金!!
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく


そして郵便小為替で返金されることが決定しました。
住所と名前と電話番号を教えて、返金の話が終了。

「今回は誠に申し訳ございませんでした。お電話はOOが担当させていただきました。どうも・・・」
と、おねえさんが話を終了させようとし始めたので、慌てて「ビリヤードの返品はどうすれば良いんですか?」と聞いてみた。

すると、「返品は必要ありません。お客様の方で処分していただければ・・・」と言われた。
どうやらビリヤードセット貰えるらしい。

不良品と言ってもボール1個の数字が違うだけ。
ボールがツルツルなので、マジックで“6”と書いてもすぐに消えるだろうし、テープやシールで数字を貼り付けたりしたら、余計に回転が悪くなることが予想されるので、“14”のボールを“6”にする良い方法は、今は思いつかない。
けれど“14”のボールを“6”だと思って使えばいいだけなので、問題ないかもしれない。もちろん結果としてタダで貰ったから問題ない訳で、返金されなかった場合は問題なのである。


ようするに、何が言いたかったかと言うと、

       「ラッキー!得した ・*:.。☆..。.(´∀`人)ウフフ」

ということなのである。







いつも遊びに来てくれてありがとう(*´ー`*)
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。