゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外付ブルーレイドライブ BUFFALO「BRXL-PCW6U2」を購入
2013年06月11日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク



USB2.0外付タイプの小型Blu-rayドライブ、バッファロー「BRXL-PCW6U2」を購入した。購入価格は、送料込みで6,000円。安くなったものだ。
実は韓国LG電子製の内蔵ブルーレイドライブを買ったばかりだったのだが、いろいろ(製品にもサポートにも酷い目に)あって、仕方なく新しいドライブを買うはめになった。なので今回の購入は、LG製品を除外して探した。

前のと同じようなデスクトップ内蔵型のドライブを購入したかったのだが、どれも希望価格帯より4千円~1万円ほど高く、BDXLにも対応していなかった。外付タイプもあるが、パソコン周りが接続コードやACアダプタだらけになるのが嫌だったので、あまり買いたくなかった。
そういうこともあり、内蔵型ばかり探していたのだが、探している途中で、安くてBDXL(100GBディスク)対応のこの外付ドライブに出会ってしまう。

ノートパソコンが無かったら即却下しただろうけど、ノートパソコンも買ったことだし、デスクトップだけにしか使えない内蔵ドライブを買うより、こちらの方がいいかも?と思い始めた。
それに、まだブルーレイドライブを持っている人は多くない。知人の家にブルーレイディスクだけ持って行ってもドライブが無いと使えない。でも、これなら必要な時には持ち運んで使用することが可能だ。

結局、外付のポータブル機、BRXL-PCW6U2を購入することにした。

実はこの製品、最新の型ではなく、1つ古い2011年の製品だ。これには理由があるのだが、それについては開封写真を見ながら解説してゆこうと思う。それでは、BRXL-PCW6U2を開封してみよう。


BRXL-PCW6U2の箱。
思っていたより小さい。パソコンソフトのパッケージみたいだ。

 ■ BD-R /BD-RE /BD-R XL /BD-RE XL /BD-ROM
 ■ DVD-RAM /DVD-R /DVD+R /DVD-RW /DVD+RW
 ■ CD-ROM /CD-R /CD-RW

 ■ インターフェース: USB2.0
 ■ 著作権保護: CPRM(リード/ライト)、AACS(リード)
 ■ 最大消費電力 7.5W
 ■ 幅×高さ×奥行 145×19×153mm
 ■ 質量 約340g
 ■ ACアダプター、T字USBケーブル、ユーティリティーDVD、取扱説明書



付属物。
本体・ACアダプター・ソフトウェア。接続USBケーブルは本体内蔵。

ソフトウェアの内容は、CyberLink社の
 DVD&ブルーレイ再生「PowerDVD 10 BD edition」、
 ライティング「Power2Go 7」、
 パケットライト「InstantBurn 5」、
 バックアップ「PowerBackup 2」など。
他には同社のソフトの体験版(ビデオ編集、オーサリング、写真・動画管理)が入っている。



ケーブル類。
USBケーブルはデータ用と電力給電用「Boostケーブル」の2種類。この電力給電用ケーブルがあれば、ACアダプタがなくても使うことが出来る。



USBケーブルは側面と背面に収納されている。



パカっと上蓋を開くような、安っぽい仕様かと思っていたら、トレー式だった。
ノートパソコンの内蔵ドライブと同じ物なので、新しいブルーレイドライブを買ってこれを使わなくなった時など、外箱を外してノートパソコンの内蔵DVDドライブと交換するかも。



電力供給が安定している場合は青いランプが点灯。赤いランプが点灯した時は、電力給電用「Boostケーブル」を接続する。しかし、購入の際、参考にした口コミサイトなどでは、Boostケーブルがあっても動作が不安定な時があるらしく、「ACアダプタもあったほうが良い」という意見で一致していた。
BD-Rのような1回限りの大容量ディスク(25GB-50GB)の書き込み中に、エラーなんて出されたら困るので、読み込み時はともかく、書き込み時はACアダプタがある方が安心だと思う。

このため、最新だけどACアダプタが別売りの「BRXL-PC6VU2」(価格.comランキング13位)よりも、一つ古い型だけどACアダプタが付属する「BRXL-PCW6U2」(今回購入したもの。価格.comランキング1位)の方が売れている。本体も同性能で、付属ソフトのバージョンも同じ、実売価格も200~300円程度の違いしかないとなると、型が古くてもACアダプタ付きを買うのはあたりまえ。

それにしても、型が古い方がランキング1位だなんて、みんなきちんと内容を調べているんだなと驚いた。

使用感は、まだあまり使い込んでいないので何とも言えないのだけど、パケットライトで使用した分には特に問題なかった。USB経由だからか同じライティングスピードでも、デスクトップパソコンの内蔵ドライブよりも若干遅いような気がする。本体キャッシュサイズも原因かも。
このブルーレイドライブを購入したのは、自分で撮影した動画やデジカメ画像、電子化した書籍、ダウンロード販売で購入したソフトウェア、自作ドキュメントなど、絶対に消えたら困るようなデータを保存するために購入したので、ブルーレイ映画などのディスクは持っていない。この辺りの使い勝手がお伝え出来ないのは残念。



ドライブの中身はパイオニア製だった。すごく嬉しい。
中国や韓国メーカーのドライブの場合もあるそう。韓国製ドライブで酷い目に遭っての再購入だったので、パイオニアだったらいいなーと、願いながら購入ボタンを押したのが良かったのかも。

まだ、各ショップ商品は残っているみたいだが、製造は終了したようなので、欲しい方はお早めに。

BUFFALO ブルーレイドライブ「BRXL-PCW6U2」◆価格比較 楽天市場
BUFFALO ブルーレイドライブ「BRXL-PCW6U2」◆価格比較 Amazon.co.jp

BUFFALO バッファロー BDXL対応 USB2.0 ポータブルブルーレイドライブ : BRXL-PCW6

amazon激安タイムセール商品
Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:周辺機器
ジャンル:コンピュータ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。