゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【英情報機関】 中国レノボPCにバックドア? 【使用禁止】
2013年07月31日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク



================================
【ロンドン=石川保典】 英情報機関が、世界最大のパソコン企業である中国レノボ社製品の使用を禁止していたことが分かった。三十日付の英紙インディペンデントが伝えた。

 情報局保安部(MI5)や政府通信本部(GCHQ)が製品を調べたところ、外部からの操作でパソコン内のデータにアクセスできる工作が施されているのを発見した。科学者は通常のセキュリティー保護をバイパスする秘密の裏口がチップに最初から仕込まれているとの見解を示したという。

 GCHQなどはコメントを拒否しているが、使用禁止の通達は二〇〇〇年代半ばに米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの情報機関でも出されたという。

 IBMのパソコン部門を〇五年に買収したレノボ社は、中国の国家機関・中国科学院が最大の株主。同紙には「製品の信頼性と安全性は顧客から常に保証されている」などとコメントしている。

 中国の情報技術(IT)企業をめぐっては、オーストラリア政府が昨年、中国人民解放軍との関係が取り沙汰される「華為技術」の高速通信網事業への入札参加を拒否し、中国政府が批判している。

東京新聞:英情報機関 ハッキング用工作 発見 中国レノボ社製 PC「使うな」
================================

過去にバックドア疑惑で話題になった、レノボと同じ中国企業のファーウェイは、創業者が人民解放軍出身の上、ネットワークの中枢機器を販売しているため、なんとなく危ないとは思っていたけれど、レノボはアメリカのIBMノートPC部門を買収したこともあり、世界企業を目指す民間企業だから、不安はあるものの、まあ大丈夫だろうと思っていた。

しかし今回は、「疑いがある」というレベルではなくて、「外部からの操作でパソコン内のデータにアクセスできる工作が施されているのを発見した」というニュース。レノボの反応が気になる。

この件についての様々なメディアを見ると、「外部からの操作でパソコン内のデータにアクセスできる工作を簡単に仕掛けられるような、ハードウェア/ソフトウェア上の脆弱性が認められた」のような、少しやわらかく書いてある記事もあれば、「レノボの回路から典型的な脆弱性を超える「悪意ある修正」が発見され、PCの利用者が知らないところで、外部からアクセスされる可能性がある」とハッキリ指摘する記事もあった。

仮にバックドアを国ぐるみで仕掛けていたという内部からの情報が出たとしても、「そんなの知らない、やってない」「欧米が中国を陥れようとしている」と、いつもの中国らしいパターンになるのがオチだ。
アメリカやその他の国では、中国ファーウェイ社製のルータなどにバックドアが仕込まれている恐れがあるということで、使用しないようにしているのに、日本では呑気に大手企業でも使いまくり。テレビCMもバンバンやってる。今度はレノボも避けなければいけないのか?

それにしても、ソフトウェアのバックドアではなく、ハードに組み込まれている可能性があるというのだから驚きだ。
頻繁に情報を盗んだり、他人のパソコンを遠隔支配するというよりは、有事の時など、何かあった時に自国が有利になるよう仕込んでいるのだと思う。一般市民が盗まれて被害が大きいのは、せいぜいネットバンキングのパスワードくらいだろう。サイバー攻撃の踏み台にされることもあるかも知れない。

レノボパソコンは持っているが、世界中で売られていて、すごい数の人が使っているので、自分がターゲットになるとは思えない…と信じたい。そもそも自分の低価格ノートパソコンに、バックドア入りチップが組み込まれているのかどうかも謎だし。

もう少し詳しい情報が欲しかったので、英語ニュースを探してみた。

The Register - Western spooks banned Lenovo PCs after finding back doors

The Independent - MI6 and MI5 'refuse to use Lenovo computers' over claims Chinese company makes them vulnerable to hacking

TechWeekEurope - UK Spy Agencies 'Ban Lenovo Gear' On Security Grounds

今回だけでなく、2012年にも同じような報道があったようだ。
「中国製シリコンチップにサイバー攻撃可能な未知のバックドアが発見される」
結構衝撃的なニュースなのに、全然しらなかった。もっと騒ぎがあっても良さそうなのに、何か大きな力が働いたのだろうか?

今回は、世界的なPCメーカーという、一企業のハードウェアから見つかったというところが恐ろしい。
やはり一般企業も国の支配下にあるということか。アメリカのIT企業も、ユーザーのデータを国に提供しているそうだし、世界中こんなのだらけなのかも知れない。

・関連記事:
 諜報機関がレノボのPCを禁止したという報道で、世界に憶測が走る
 豪州や英国情報機関に「レノボ禁止令」報道 外部アクセスできるように「細工」?
 Lenovoのソフトウェアにマルウェアが発見される
 原発や軍事用に使われている中国製シリコンチップにサイバー攻撃可能な未知のバックドアが発見される
 Google・Apple・Yahoo!などのサーバにある個人情報を直接のぞき見できる極秘システム「PRISM」とは?

 ・Huawei ファーウェイ - Wikipedia
 ・Lenovo - レノボ - Wikipedia

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館





テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。