゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子タバコについて、いろいろ調べてみた。
2013年10月23日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク



調べてみたと書いておいて、最初に言うのも何だけど、私はタバコが大嫌い。一度も吸ったこと無い。
数メートル離れて吸われても、ノドが痛くなる。匂いも大嫌いだし、頭が痛くなることもある。
大阪の人混みの通りを歩いていた時、歩きタバコの火が手にあたって、ものすごく痛かったことがある。それを見て、タバコを持っていた人達は大笑いしながら去って行った。
すぐにでも消えて無くなって欲しいくらい嫌いだ。

ヘビースモーカーが多い職場だった頃は、毎日部屋が真っ白で地獄だった。トップがヘビースモーカーだったので、みんな禁煙なんてありえない。なので、一人だけマスクをしていたくらい。タバコは健康にも悪いし周囲も迷惑するので、本当に止めてほしい。心の底からタバコ嫌い。
そんな私なのだが、電子物には興味があるので、電子タバコについて調べてみた。



電子タバコとは、内蔵バッテリーを利用して霧状の気体を発生させ、吸引するタバコ。
ミントや柑橘系など、様々な味や香りが楽しめる詰め替えリキッドを入れて使用する。ニコチン入りのリキッドもあるが、日本では薬事法の関係で流通していない。ニコチン入りリキッドを使用したい場合は、個人で使用する目的に限り、自己責任で海外から個人輸入することが出来る。

電子タバコ自体は日本でも、出だしの頃に少し流行ったが、見た目も規格もバラバラで使い捨て、ニコチンも入っていないということで話題にならなくなった(それでも、スーパーやホームセンターのレジ近くでは、今でもひっそりと置かれていたりするのだが)。
しかし日本とは違い、海外では流行しているようで、本体の規格もいくつかに収まって落ち着いている様子。有名な電子タバコの設計はコピーされ、主に中国製が出回っているそうだ。昔は電池式だったが、今では充電式が普通らしい。

ただし、リキッド(詰め替えの液体)成分について健康不安もあり、未成年にも出回っている海外では問題になっている。リキッドの健康被害は今のところ不明だが、タールやニコチン、その他有害物質を含む本物のタバコを吸うよりはマシと考えられている。
日本ではニコチンが入っていないリキッドしか入手出来ないが、それでも添加物や香料など、有害物質か入っていないか不安視する向きもあるため、個人でリキッドを作ったり調合したりするのが流行っているらしい。これなら健康被害ゼロも不可能ではなさそう。
リキッドを店舗で購入するより格安で楽しめるため、自作リキッドのレシピなども交換されているようだ。

別に電子タバコを大々的にオススメしたい訳ではないのだけど、世界的にタバコの価格も上昇傾向で、消費税アップもあるということで、日本でも電子タバコが流行り始めるんじゃないかと思われる。ニコチン入りリキッドから始めて、少しづつニコチン量を減らしてゆけば禁煙の成功率が高いとも言われている。なので、さっさと電子タバコに移行して、素早く完全禁煙して欲しいというのが本音。

電子タバコ - 楽天市場で比較
電子タバコ - Amazon.co.jpで比較



粗悪品など、当たり外れの差が激しいようなので、電子タバコを購入する時は、評価が高い物を買うのが良さそう。

スタパビジョン-#042 電子タバコ特集

「電子たばこ革命」に影さす規制の雲
電子たばこ、フランスが規制検討
米国の若者の間で電子たばこ愛好者が急増-FDAの規制に影響も

電子タバコ Wiki

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:美容・健康
ジャンル:ライフ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。