゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンパン菓子(ポン菓子)の移動販売が来た
2013年11月02日 (土) | 編集 |
スポンサードリンク



家でくつろいでいると、定期的にポン菓子の移動販売屋さんがやってくる。
「〇〇公園で、パンパン菓子をやるで~。米と砂糖を持ってきて。豆も出来るよ!」と、町内を拡声器で告知してまわった後、公園で販売する。

しかし、声が聞こえてきても、気になりつつも、わざわざ窓の外を見ることはなかったし、公園まで買いに行ったことも無かった。「米と砂糖を持ってきて~」と言われても、どのくらいの量を持って行っていいのかわからなかったし、値段もわからなかったからだ。なので、過去に何十回も来たことがあるけど、利用したことは無い。

しかし、今回、あることがきっかけで、少し気になってきたので、初めて様子を見に行ってみることにした。
値段が安いようだったら、利用してもいいかなと思った。


家から少し離れた公園に行ってみると、おじさんが居た。
まさかのバイクだった。車で販売しているものとばかり思っていた。
公園に居たお子様たちには大人気だったが、まだお客さんは誰も来ていなかった。

ポン菓子の値段はいくらかな?と思っていたら、バイクに書いていた。
米が5~7合、砂糖が500g~で、料金が1,000円。
うーん。500円くらいかなと思ってたけれど、予想外に高かった。この価格だと「材料はこちらが持っていくのに、なんで1,000円も取るの?」と思われるだろうな。米7合も作ると、何倍にも膨らんで、45Lのゴミ袋いっぱいの量になるだろうから、量的には満足感はあると思うけど。
客が持ち込む米と砂糖が材料なので、他に変な保存料や着色料が入っていないのは嬉しい。子供が食べるのに安全なのは確か。

町内をバイクで告知しながらまわるガソリン代や、調理用のLPガス代もかかるので、儲けはあまり無いのだろうけども、やはり少し高く感じてしまう。個人的には700円くらいまでかな。できれば500円。今どきの子供が喜ぶお菓子じゃないから、販売量もそんなに多くないだろうし、大変なのだろうな。

家庭から米と砂糖を持ってきてもらう方式だと、住宅街でしか商売できない。自分で米と砂糖を積んで、もう少し人の多い観光地やイベントで作ればいいのにとも思ったが、おじいさんが一人でやっているので、商売というより、趣味でやっているのかも知れない。地域の公園で子供に見せるのが楽しいのかも。

作っている所が見られれば、どれくらいの量が出来るか分かって良かったのだが、他のお客さんが来るのを待つというのも、どうかと思ったので、帰って来た。Youtubeで探してきた動画を参考にしてもらえれば。



Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
きょう、街を歩いていたらこのおじさんが運転するパンパン菓子のバイクに遭遇しました。
珍しいのでチラ見をしたら、いきなり「バカやろー!!」と怒鳴られました・・・
あまりの突然の事にビックリしてしまい、その場にしばらく立ち尽くして
程なくわけの解らない怒りや恐怖がこみ上げてきました。
チラっと見たのが良くなかったのでしょうか?見ないほうが良かったのでしょうか?
何がなんだかわからず、あのおじさんがどのような人柄なのかも知りたく、
検索してこちらのブログを拝見させていただきました。

パンパン菓子、1回1000円ですか・・・確かに高いですねぇ~
加えて自分は上記のような経験をしたので、
とてもじゃないですが子供をこのおじさんに近づける気にはなれません。
何らかの危害を加えられたり暴言を浴びせられては子供が可哀想ですからね。

このような書き込みで申し訳ないです、ごめんなさい。
2014/05/18(Sun) 22:55 | URL  | かすみ #2NKnmN5w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。