゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱東京UFJをかたるフィッシング詐欺メールが来たー!!
2014年01月01日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク



また変なフィッシングメールが届いたなー。
元日からこんな記事を書くことになるとは。
メール自体は12月27日に届いてたんだけど、今気付いた。

================================
差出人: 三菱東京UFJ銀行:desf69xx@yahoo.co.jp
件名: 【三菱東京UFJ銀行】ログイン - ご本人確認

こんにちは
これは「三菱東京UFJ銀行」から送信されたアカウント確認のメールでございます、お客様はアカウントがロックされないように定期的にチェックしてください。
以下のページより登録を続けてください。
https://entry11.bk.mufg.jp/xxx/dfw/xxxxx/loginib/login?_TRANID=AA000_xxx

──■□Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ □■──
三菱東京UFJ銀行コールセンター
0120-860-xxx または 03-5432-xxxx(通話料有料)

※自動音声ガイダンスにそって「2-1」をご選択ください。
毎日9:00~21:00
※お電話の際は、普通預金通帳をお手元に用意してください。
(Eco通帳をご利用のお客さまは、普通預金通帳は必要ありません。)

――Copyright(C)2013 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――
================================
(※ 二次被害が出ると困るので、念のため、URLや電話番号の一部をxxxで変更)


天下の三菱東京UFJ銀行が、「こんにちは」で始まるメール送って来る訳ないだろ!
おまけに、差出人メールアドレスが、Yahoo!の無料メール。

ただ、この手のメールにしては、だんだん日本語が上手になってきているのは確か。以前は、どれも翻訳サイトで翻訳したような、おかしな文章だった。今回も、おそらく中国人だろう。彼らが、日本に留学したような日本語に詳しい仲間を見つけられたら、市販の例文集などを使い、すぐにでも綺麗な文章へ変更してくるに違いない。

かなり大量にばらまかれたメールらしく、多くの人が受け取っているようだ。各ブログ、おかしな日本語の部分を指摘したりしているので、そういうブログを読んで、さらに精度を上げて戻ってくる事も考えられる。

「アカウントがロックされないように定期的にチェックしてください。」と不安を煽って、すぐにURLを踏ませようとするやり方はうまい。このメールのURLを踏むと、三菱東京UFJ銀行のログインページにそっくりな画面が出てくるそう。
フィッシング詐欺に詳しくなく、おかしな日本語にも気付かないような、ニュースを見ないタイプの主婦や高齢者は、あっさりひっかかるだろう。偽ページにIDとパスワードを入力して、口座を乗っ取られるのだ。そういう人達に限って、大金を貯めこんでいたりする。そして、無関係な銀行のサポートへ苦情を言うのだろう。

そうでは無い危機感のある人達は、
三菱東京UFJ銀行は、Trusteer社のネットバンキング ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」というソフトウェアに対応しているので、大金を失って泣く前に、入れておいた方が良いだろう。
ゆうちょ銀行や住信SBIネット銀行、地方銀行などは、セキュアブレイン社「PhishWall」という不正送金対策ソフトがある。

私は、ちゃんとした日本語の金融機関からのメールであっても、たとえhttpsと付いていても、メール内のURLは踏まない。絶対に自分の作ったブックマークから飛ぶようにしている。ただ、金融機関の公式ページのログイン画面に、ウィルスなどを利用して、偽ログイン画面をかぶせて来るようなタイプもあるらしい。

こういう悪質なタイプだと、急いでいる時などにうっかり入力してしまうかも知れないので、「PhishWall」を導入している。ちゃんとした金融機関のページに行くと、タスクトレイのポップアップで「正規のサイトに接続しています」と表示してくれるので安心だ。

ハッキリ言って、生産性の無いソフトをダウンロードしてインストールするのは面倒な作業だし、銀行によってバラバラな対策ソフトを指定してくるので、無駄なソフトを何個も常駐するのは、メモリも食うし、OSの起動も遅くなるしで迷惑な話だが、お金が絡んでいるので仕方ない。便利なネットバンキングを使いたい人はやっておくべき。

2014-01-03 追記:同じフィッシングメールが今日(1/3)にも届いた。最初のメールはバカにして面白がっていたけれど、さすがに2通目になると腹がっ立ってきた…。メールの件名が、「【三菱東京UFJ銀行】ログイン - ご本人確認」なだけに、迷惑メールとして処理すると、本物の銀行からのメールも届かなくなりそうなので、出来ないのがイライラするところだ。

再び三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシングメール、丁寧な日本語へと進歩
インターネットバンキングのパスワード等を騙し取る不審な電子メールにご注意ください(平成25年12月24日更新)

オンラインバンキング向けTrusteer Rapport
PhishWallクライアント 株式会社セキュアブレイン

当ブログ内 過去記事: しつこく「スクウェア・エニックス」を名乗るフィッシングメールが来る。

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。