゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー映画 『アナと雪の女王』 のテーマ曲が素晴らしい!!
2014年02月24日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク



2014年3月14日公開のディズニーアニメ、「アナと雪の女王」。25ヶ国語バージョンが話題になっていたので聴いてみた。
これはすごい。


まるで、同じ人が歌っているような感じで、繋がっている。
世界が一つになったみたい。
(入れてもらえなかった言語の人達は、不満や悲しみのコメントをしてたので、可愛そうだったけど)

海外のコメントを見ると、日本語パートの評価が高いみたい。けれど日本語ネイティブの私が聞くと、日本語部分だけ声質が違っていて、他国の言語のように濁ったり破裂音のような音が無く、母音が多くて音がハキハキしているので、少し浮いているように感じる。

音として聞くと、外国人には綺麗に聞こえるのかな。日本語の部分は、歌の切れ目の美味しい場所だったので、確かに印象的ではある。聞き慣れている言語だから、日本語だけ浮き上がって感じるだけかもしれないが、日本語はアニメ声のような特徴的なが出しやすいのかも。





さて、完全日本語版。
歌っているのは、松たか子さん。
いいね。
英語版と比べると弱いけれど、松たか子さんの声は好きなので、気に入っている。
よく見ていたら、口の動きが日本語に最適化されているようだ。「アー」と言う時は、口が大きく開いていた。日本語では「アー」でも、他の言語だと、同じ場面で「ウー」みたいに別の口の開き方をすることもある。そうだとしたら、さすがディズニー。細かい。



こちらは、May.Jさん版。
同じ歌のエンディングらしい。
パワフルだけど、松たか子版と比べると、少し個性が薄い感じ。

それにしても、これを見ていると、とても映画を見に行きたくなってきた。Wikipediaであらすじを読んだら、もっと見たくなった。CG映画もこんなに表現が出来るようになってきたんだな。ディズニー映画を自分で劇場へ見に行ったのは、美女と野獣が最後だったかも。テレビやDVDでなら、何度も見たことあるけど。

2D/3D対応なので、3Dのブルーレイ版が出たら、買って家で見たい。劇場で見るのは、空調が自分に合わないことがあるのと、音が大きすぎてうるさいのと、前の人の頭が気になるのと、エンディング途中で席を立つ人が多いのとで、あまり好きではない。
ただ、ブルーレイドライブとか、3D動画を撮影できるカメラは持っているのに、3Dテレビが無いのが悩みどころ。

冬に劇場で見るのは寒そうなので、見るなら夏がいいね。ディズニーだけに、エンディングは冬でも暖かいのだろうけど。

ディズニー映画 「アナと雪の女王」 公式ページ
アナと雪の女王 - Wikipedia



Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:ディズニーアニメ
ジャンル:映画
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。