゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスバイク Escape R3 に、カゴを付けた。その1
2014年04月20日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク



GIANTのクロスバイク、Escape R3にかごを付けた。
以前はかご付きの折りたたみ自転車に乗っていたのだが、クロスバイクに変えた。クロスバイクは乗っていて楽しいが、スーパーや商店に寄って買い物をした後、荷物を置く場所がない。これは本当に困る。袋をハンドルに引っ掛けて運転するのは、速く走るためにタイヤが細くなっているクロスバイクだと、安定性が悪く、ふらふらしてとても怖い。

自転車乗りの人は、「元々買い物するような自転車じゃない」とか、「買い物するなら他の自転車で行け」とか言うだろうけれど、帰り道で寄った店で、どうしても欲しいものが出来ることは良くあるし、自転車を複数置いておけるほど、家の自転車置き場も広くない。どうしてもリュックだけでは不足なのだ。それに、リュックは夏場にしていると、酷いことになる。背中が汗でびっしょり。服全体に汗が回り、途端に汗臭くなる。

という理由で、自転車が多少重くなろうが、カゴは必要なのだ。



これが、カゴを取り付けた愛車。
暖かくなってきたので、桜の名所まで遠出してみた。ほとんど終わりかけてたけど。
なんとなくお洒落自転車になった。カゴと後ろのキャリアを取り付けたので、パッと見、クロスバイクっぽくないということで、盗難にも遭いにくいような気がしなくもない。

最初は、自転車を購入時、ショップで最初からカゴを取り付けてもらうつもりだった。
しかし、ショップの店員さんに、「基本的にクロスバイクは、カゴを取り付けるようになっていないので、カゴを付けるとブレーキワイヤーを圧迫し、ブレーキがきちんと動作しない恐れがあるため、おすすめしない」と、強く訴えられた。どうしてもカゴは欲しかったし、ブレーキの圧迫なんて言うほど酷くはないだろう、と思っていたので、仮組みという形で、店頭で取り付けて見せてもらった。結果…、カゴ取り付けは断念した。

ショップで売っていたカゴは、金属製でママチャリに付いているような普通のカゴ。あまり格好良くなかったので、まあ付けなくてもいいか…と思ったというのもある。

結局、しばらくリュックで頑張ってみたけれど、背中が暑いわ、ずっと背負ってて重いわで耐えられなくなったので、自分でカゴを付けることにした。

カゴを取り付けるにあたり、クロスバイクのデザインを壊さないようなカゴを付けた人達を、検索して探してみたのだが、「これだ!」というようなものは見つからなかった。「とりあえず格好は悪いけど、なんとか取り付けて見ました」という感じのカゴが多かったので、こうなったら自分で探してやるしかない!と、カゴとフロントキャリア探しを始めた。

実店舗で良い物が見つからなかったので、ネットで探すことに。
これがまた大変。サイズとか、本当に形状的に取り付けられるのか?とか、ネジ穴の位置がきちんと合うのか?とか、自分の自転車を計って計算してみたり、なかなか苦労した。本当にカゴを取り付けることを想定してない自転車だなと痛感。いろいろ苦労したので、これから取り付けを考えている方のために、3回に分けてレポートを書いてみる。



GIANT FRONT MAGAZINE BASKET

まず最初に考えたのが、Escape R3の純正カゴ「FRONT MAGAZINE BASKET」。
全体のデザインは悪くないけれど、自転車との接続部分の穴が沢山空いた板が、激しくかっこ悪い。それに、アルミ棒を加工しただけのカゴなのに、9,000円とか。高すぎる。




なんでこんなに高いのだろう?と思っていろいろ調べたら、どうやら、RIXEN & KAUL(リクセン&カウル) というメーカーのアダプタを使っていて、これで自転車のハンドルバーとカゴを接続しているようだった。これが結構高くて、ただのカゴを取り付けるためのプラスチックのアダプタなのに、3,300円もする。

純正カゴって全部自社開発品じゃないのか。アダプタだけでなく、カゴの方も他社製なのかも。このアダプタ、赤色と黒色という自己主張の強い色。ハンドルバーの美しいシルバーの部分に取り付けたら、目障りになりそう。ワンタッチで、ボタンを押すと取り外し・取り付けが出来るらしいが、ということは、ワンタッチで泥棒にカゴを持っていかれるということだろう。あほか!

同じメーカー(RIXEN & KAUL)で、盗難防止の鍵付きも売られていたが、このGIANTの純正カゴに使われているのは鍵無し版だ。すぐに持って行かれそう。わざわざ9,000円も出して買った後、追加で鍵付きのアダプタを買うのも馬鹿らしい。

それから、このLIXEN & KAULアダプタのユーザーレビューを読んでいたら、こんなことが書いてあった。ハンドルバーの所に取り付けるので、荷物の重みで、使用していると、だんだんカゴが下がってくるということだ。しっかり締めていても下がってくるので、定期的にカゴの位置を戻さなければならないそう。こんなに高価なのに、下がったり盗難のことを考えていなかったりと、あまりにもお粗末なので、純正のカゴは却下することにした。




そうして、何かクロスバイクに取り付けても格好悪くならないカゴはないかと、探しまくったのがこれ「ギザ BKT064 ウッドボトム バスケット」。GIANT純正のカゴにそっくり。その上、純正のカゴで気に入らなかった、大きな穴だらけの鉄板が無い。これはいい。早速購入。ただ、クロスバイク・マウンテンバイク用のカゴではないため、ネジ穴の位置が違っていたり、足りなかったりの問題が出るだろうなとは予想していた。

その辺りの問題は、最初に買おうかと迷った純正カゴと比べれば、半額以下で大幅に安いので、予算も余裕があり、なんとかDIYしながら無理矢理取り付けてやろうと思った。

ギザ BKT064 ウッドボトム バスケット 楽天市場
ギザ BKT064 ウッドボトム バスケット Amazon.co.jp



届いた時の状態。アルミなので軽い。
木材の部分の塗装が薄く、雨などに当たっていると、そのうち腐って来そうな気もした。ここはきちんと処理しなければ。



裏側。
商品ページで裏側まで見せてくれている所は無いので、購入希望の方には貴重かも。



そして、このカゴと自転車を接続するための部品、「フロント バスケットキャリアー」も購入。
これも必死で探して安くて良い物を見つけた。アルミ製で軽い。



横から見たところ。
可動部分があるのが重要。これが無かったら、ものすごく取り付けに苦労したと思う。もしかしたら、自転車のネジ穴の位置と合わず、買い直しするハメになるところだった。自転車によって位置や角度を変えられるので、とても助かる。
しかし、フロントバスケットキャリアについては、後述する理由もあり、他の製品にすればよかったかなーとも思っている。



カゴの板を外して、バスケットキャリアと合わせてみた。
真ん中の細い板棒1本だけで、カゴと荷物の重さを支えるようになっているため、とても不安。「フォグリア Foglia フロントキャリア YFS-46」のような、横幅があるキャリアーにすれば良かったかも知れない。合うかわからないけど。



仮組みの横から見たところ。

クロスバイク Escape R3 に、カゴを付けた。その2」へ続く。

フロントキャリア Amazon.co.jp
フロントバスケット(カゴ) Amazon.co.jp
フロントバスケット(カゴ) 楽天市場

GIANT(ジャイアント)超肉厚ジェル サドルカバー

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館





テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
ウォルドで前カゴあるようです。
クロスバイク購入相談スレテンプレWIKIで見マスタ。

アメリカの奴で、耐荷重は不明。
2015/03/06(Fri) 00:23 | URL  |    #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。