゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青しそ長持ち保存】 青紫蘇の間引きをした
2014年05月20日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク



去年プランターに植えていた青しそから種が落ちたのか、4月頃から青しそが沢山生えてきた。
そのままにしておくと栄養を取り合って大きく育たないので、間引きをすることに。

まだ育ち始めなのでそれほど多くはなかったが、やはり日陰や風通しの悪い部分の葉の裏側には、アブラムシが沢山付いていた。無農薬なので仕方ないと思うが、これを取り除くのは本当に大変。スーパーで売ってる綺麗な青しそは、農薬だらけなんだろうなー。



去年は丸一日使って、手で取り除いていたが、今年は平筆を使うことを思いついた。
早速、水の中で裏と表をやさしくなでて、アブラムシを取り除いた(葉の裏にある、シソの香りの元となる小さなカプセルを潰してしまうので、なるべく葉の裏を触らないようにするのが香りを保つ良い方法らしいが、葉の裏にはアブラムシが沢山付いてるので仕方ない)。

さて、特に使いたいと思って収穫した訳ではないので、何に利用するか悩んでいる。
まだ気温的に冷やしうどんの薬味にする気分でもないし、大葉の天ぷらが大好物だから、天ぷらになるだろうが、最近、天ぷらを作ったばかりなので、まだ作りたくない。しばらく保存しておこう。

確か、ためしてガッテンで、青シソを一ヶ月保存出来る方法をやっていた記憶が。
2011年09月07日放送 「こりゃ驚き!青じそにまさかの裏技が!!SP」

シソの葉に付いている、茎というか柄の部分を水に付けたまま、水中で切れば良いそう。花を長持ちさせる時によく使う方法だ。水中で切らないと、空気が入ってしまうため葉まで水が届かないからだろう。その後、少量の水をコップに入れ、しその葉を挿して、ラップで密閉して冷蔵庫で保存する。水は時々交換。これで一ヶ月保つらしい。

まだまだプランターには、次の青シソが沢山育っているため、流石に一ヶ月も冷蔵庫で放置する気はないので、ここまでやらなくても良いかなーとは思うけど、覚えておこうかな。

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:ガーデニング
ジャンル:ライフ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。