゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleMapの新機能、3D航空写真はすごい。
2014年05月25日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク



GoogleMap(グーグルマップ)の新機能、3D表示が凄い。
以前から東京など大都市では、斜め45度から見た航空写真も提供されていて、羨ましいなーと思っていたが、新しい3D機能の方が遥かに良かった。
都市の航空写真をいろんな角度から撮影し、その画像から建造物などの高さを計算して割り出し、自動で3D画像にしているらしい。

私は岡山在住なので、岡山で使えるのだから他の地域でも既に提供されているんだろうなと思い、隣の広島や神戸・大阪などを3Dで見ようとしてみたが駄目だった。どうやらサービス初期では、京都・岡山・仙台・東京の4箇所しか利用できなかったようだ。今は横浜や千葉も追加されている様子。



これは岡山の表町という商業エリア上空の画像。3Dボタンを押すと、このような立体的な地図が使えるようになる。
今までの真上から見るだけの航空写真と違い、町の構造がとてもわかりやすくなった。



こちらは、前の画像の右上辺りにある緑地。岡山城周辺。城だけでなく、周囲の木々も立体化されていた。



この3D新機能の使い方はとても簡単。
地図モードから航空写真のモードにした後、画面右下のツールから3Dボタンを押すと使えるようになる。3Dマップを提供していない地域で使おうとしても、3Dではない斜め航空写真が表示されるだけなので注意。

動作を軽くするためのライトモードにしている場合は3Dモードは利用できない。

※関係ないが、旧Googleマップに戻したい場合は、画面下にある(?)マークから[以前のマップに戻る]を押す。もちろん新機能の3Dは使えないし、航空写真も古いけど。



最初にも書いた、斜め45度からの航空写真との違いは、一方向からだけでなく、見る方角を変更できることだ。
これはJR岡山駅の写真で、南から北方向を向いている。



ぐるりと回して、西から東方向(JR岡山駅から桃太郎大通り方面)。



今度は北から南(ビックカメラ裏から市役所方面)。
これらは全部同じ場所で、見る方角を変えてみた画像。3Dなので出来る技だ。

今までの、真上から見た平面な航空写真と、狭い範囲だけを表示するストリートビューを組み合わせて使っても、都市の雰囲気を感じることは難しかったが、複数ウインドウを表示し、航空写真、3Dマップ、ストリートビューを組み合わせて使えば、行ったことの無い街の雰囲気を把握するのも難しくなさそうだ。

地図好きなので、この3D機能が全国で利用できるようになると、何時間でも遊んでしまいそうで怖い。

これで直線距離を測る機能「距離測定ツール」さえ戻してくれたら、GoogleMap最高。
注: 新しい Google マップでは距離測定ツールはご利用いただけません。 」と書いてあるので、戻す気なさそうだけど。※道のりの距離測定は出来る。

GoogleMap(グーグルマップ)

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。