゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネットバンキング】 ゆうちょ銀行のトークンが届いた。
2014年07月11日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク



ある日、ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行のネットバンキング)から、ハガキが届いた。
ハガキには、『ゆうちょダイレクトをご利用のお客様を対象に、2014年6月から「トークン(ワンタイムパスワード生成機)を無料で配布いたします』と書いてあった。

新しいもの&最新技術好きとしては、「これは貰わないと!!」と、思ったのだが…。



※画像はハガキと後日届いたトークン

トークンとは、1度しか使えない使い捨てのパスワード(ワンタイムパスワード)を生成してくれる機械で、この機械が作った専用パスワードを、振込時などに入力しないと、振込作業が出来ないようになっている。1度しか使えないパスワードを60秒に1度、新しく発行するので、IDやパスワードが盗まれたとしても、外部から引き出される心配がないので安心。

ただ問題もある。ネットで振込をしようと思ったら、あたりまえだが、いつもこの機械が必要になってくるのだ。家のパソコンから振込、外出先のスマホから振込、仕事場のパソコンからヤフオクや買い物の振込、家族用の共有口座を名義人以外の人が操作する場合など、様々な場面で使われる可能性が考えられるが、使うパソコンやハードがある場所へ、いつも持ち歩かなければならない。
紛失した場合は、1,080円を払って再発行が必要になるため、再び使えるようになるまで時間がかかる。

他には、電池が切れたら交換するまで使えない(自分で交換は出来ない)。今時、100円ショップの電卓でさえソーラーなんだから、ソーラーパネルくらい付けて置いて欲しいと思った。複数口座を持っている場合は、口座の数だけトークンが増えることになるらしい。

そうなってくると、いくら無料でも不便の方が大きいな…と思って来た。
私はタブレットやスマホ、ノートパソコン、メインのデスクトップマシンなど、様々なハードを使い分けているので、各マシンから手軽に使えなくなると困るのだ。寝室で寝る前にノートパソコンを使ってヤフオクで取引をしていても、ベッドから起きだして、トークンのあるデスクトップマシンの所まで行かなければならなくなる。いろいろ考えているうち、段々嫌になって来たため、貰うのをやめることにした。

「もうトークンは使わないので関係ないや」と、ゆうちょ銀行からのハガキを処分しようとした時、ある一文が目に入った。

『今後、ゆうちょダイレクトでは振替・振込等の際に、トークンの利用を必須とする予定です。お早めにお申込みください』

必須か。
仕方ない。トークンを貰おう。
そのうちトークンの使用が必須になった時、発送が混雑して時間がかかるのも嫌なので、すぐに申し込むことにした。
そして、まだか?まだか?と待つこと一ヶ月。今日、やっと届いたのだった。せいぜい一週間くらいかと思っていたのに、まさか一ヶ月も待たされるとは。

これが届いてしまったからには、これからはトークンでパスワードを生成しないとネットで振込が使えない。不便だなー。すでに採用している銀行もあるし、各社バラバラにパスワード生成機を配布しだしたら、管理が大変そう。

※既に、ワンタイムパスワード利用者が、被害に遭ったケースもあるようなので、絶対安全とは思わないほうが良い。頻繁にウィルスチェックをすることは必須。
三井住友銀行の不正送金は「MITB攻撃」、ワンタイムパスワード利用者も被害に:ITpro


届いたのがこちら。普通郵便でポストに入っていた。
配達員さんから印鑑で受け取りかと思っていたので驚いたが、よく考えたら、まだこの機械のシリアル番号と銀行口座を紐付けする作業をしていないので、問題ないのかも知れない。



裏と表。①のボタンが電源らしい。
電源を入れると、早速、パスワードが表示された。電源を入れたらパスワードが表示されるだけの機械なのに、テンキーがいるのか?

裏側左下のシリアルナンバーを、ゆうちょダイレクトから入力すると、銀行口座とセキュリティ・トークンが紐付けされる。
問題ないのだろうが、機械の裏に「Made in China」と書いてあると、なんだか不安。銀行口座だけに。



これが使い方。
なんで電源を落とすキーが2個も要るんだろう?謎だ。
数字キーは押せば数字が出てくるが、何の役に立つのかわからない。
電卓機能でも付いていれば、賞賛されただろうに。

まあ、だいたいこんな感じ。これと言って大したことはない。
旬な物なので、紹介してみただけ。

今は何処に置いておこうか悩み中。誰も触れないように耐火金庫に入れておいてもいいけど、使う時面倒だし、その辺りに置いておいたら、無くしそう&踏んづけて壊しそう。悩む。

Sentry セントリー 耐火金庫 - 楽天市場
Sentry セントリー 耐火金庫 - Amazon.co.jp

トークンの話とは変わるけれど、最近はあまりにも企業のIDやパスワード、顧客情報の流出が多い。
私も、ある程度は強固なパスワードにしているが、パスワードなんてどんな風に漏れるかわからない。外部攻撃だけでなく、内部からの犯行も考えられる。という理由で、ID・パスワードだけのセキュリティも不安になってきたため、クレジットカードやスマホ、重要な情報を預けているサービスなどは、2段階認証に移行している。

もう使っていないネットサービスなどから流出したら最悪なので、住所や名前など、登録情報を変更してから退会している。
(※表向きは退会手続きが完了しても、会社内部のサーバーからは、個人情報データが消されない可能性があるので、電話番号やメールアドレスを適当に上書き変更してから退会している)

どんどんサービスが増えるので、気軽に登録し過ぎたかも知れない。整理しないと。
2段階認証やワンタイムパスワードは、本当に面倒な作業だけど、盗まれた後の恐怖と各機関への連絡などの作業量を考えたら、やって置いた方がマシかなと思う。

キャッシュカードをICカードに切り替えて、セキュリティ度をアップした!
三菱東京UFJをかたるフィッシング詐欺メールが来たー!!
という記事もあるので、良かったらどうぞ。

ゆうちょ銀行 トークン(ワンタイムパスワード生成機)申し込み

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:マネー
ジャンル:株式・投資・マネー
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。