゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDから起動するWindows XP「Bart's PE Builder」
2008年07月06日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク





今回は、CDから起動するWindows XP「Bart's PE Builder」を紹介します。
パソコントラブル時の緊急用WindowsXPとして昔から知られていて、前にも作ったことがあるのですが、また思い出して作ってみました。

Bart's PE Builder」とは、Microsoft Windows XPのCD-ROMを使って、CD/DVDから起動できるWondowsXP起動ディスク「BartPE」を作ることが出来るツールです。
見た目はWondowsXPと少し違いますが(壁紙は変更できる)、普通にWindowsXPなのでNTFSの読み書きが出来、トラブル時の緊急用ディスクとして、持っていると非常に助かります。

早速、作ってみようと思ったのですが、自分が持っているWindows XP CD-ROMはサービスパック(SP)が適用されていない初期のものなので、安定性やセキュリティはちょっと不安。
まあ、緊急用に使うHDD復旧用の起動ディスクなので、ネットを切断しての使用なら、全く問題ないのですが、気分的に安心ということで、今回はサービスパック(以下SP)の1~3を適用したディスクを作りました。

手っ取り早くSPを適用するために「SP+メーカー」を使用。
まずは、SP1~SP3を適用したWindowsXPのCD-ROMを作成。
その後は「Bart's PE Builder」とSP適用済みのWindows XP CD-ROMで、「BartPE」(目的の起動ディスク)を作ります。

とりあえず、SPが入って無くてもいいという方は「SP+メーカー」は必要ありません。
面倒な作業が増えるのが嫌な方は、SPを適用しないノーマルの「BartPE」をオススメ。
失敗してCD-Rが無駄にならないよう、CD-RWでやってみるのがいいですね。
CD-RWを持ってない方は、100円ショップでも売ってますし、1枚くらいあっても良いかも。


作業が複雑になるけれど、CD-ROMに焼く前に自分の好きなツールをインストールしたり、プラグインを組み込むことで、性能アップもできるので、完璧を目指したい方はいろいろチェックしてみてね。


参考
初心者のための SP+メーカー FAQ Wiki*
「SP+メーカー」のツボ魚拓
上海問屋






●○ キャノン 中国語・英語対応 電子辞書「wordtank V903」 ○●
(中・英ネイティブ発音・MP3プレーヤー・タッチパネル手書き検索)
●○ オリンパス 「ラジオサーバー VJ-10」 ○●
(最長約2500時間HDD録音・タイマー録音・USB2.0・WMA対応)
●○ 激安メモリカード & USBメモリ <<上海問屋>> ○●






(*゜ー゜*)
いつも遊びに来てくれてありがとう

楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。