ネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
一時閉鎖されていた岡山三番街が、4年ぶりに「PESCA岡山」として再オープン
2010年06月18日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク



pesca.jpg


旧岡山三番街が、4年ぶりに「PESCA岡山」として再オープンした。

「PESCA岡山オープン 岡山駅地下」 山陽新聞
岡山駅の閉鎖地下街、4年ぶりオープン 「ペスカ岡山」


岡山三番街は、岡山駅最大の地下街「岡山一番街」と過去に隣接していた地下街(地下道)。
三番街の上にある旧岡山会館ビル(現在ビックカメラが営業中の成通ビル)とのトラブルで、一時閉鎖していた。

※ 三番街は、当時の国鉄から道路認定をしないことを条件に開発が認可された経緯がある。なので、PESCA岡山は厳密には地下街ではなく、ビルの中の通路扱い。


それまで三番街の電気、空調、防災設備は旧岡山会館ビルの4階に設置されていた。
地上のビル部分を落札した成通という会社は、ビックカメラのオープン工事に邪魔という理由で、6月末で電力供給ストップと同ビル内にある全設備の使用停止、撤去を三番街の大和に通知。
電器・空調・防災設備が使えなくなってしまった三番街は営業出来なくなり閉鎖した。
その後、東京の会社(ウエスト)に三番街の権利が渡り、今回「PESCA岡山」が誕生したのだ。

地元経済誌には2009年3月頃オープンすると書かれていたが、急激な不況などもあり、出店店舗が集まらなくなってかなり遅れたようだ。オープンしたものの、まだ5店舗がうまっていない。

-------------------------------------------------------------------------------------------
PESCA岡山
■営業時間 午前10時~午後8時

ペスカはイタリア語で桃という意味。
景観はイタリアの街並をモチーフにしている。

正直、現場に行ってないので、これくらいしか情報がない(´ー`)
-------------------------------------------------------------------------------------------

レディースファッション、アクセサリー、小物、雑貨、リフレッシュサロン、ネイルサロン、リラクゼーションサロン、ジェラート…。同じ敷地のさんすて一番街とあまり差別化されていない様子。

テレビのニュースを見た限りでは、昔とは大違いの明るさ。
綺麗で明るくなって、一番街と同化して、ファッションゾーンが広がったような印象だった。
お客さんは、あたりまえだけど女性客ばかりで、想像していたよりは、お客さんが楽しそうだったので、良かったのじゃないかなと思う。

個人的には三番街の時に、書店、スーパー、モスバーガーなどがあり、利用しまくりだったので残念。
マップを見た感じだと、ビックカメラとも接続していない様子。
とはいえ、ファッションや小物好きならとても楽しめそうなので、そういう方には選択肢が増えてとても嬉しいだろう。



aoinatumikanさんという方が、早速Youtubeで動画を公開されていた。
とても雰囲気がよくわかって、素晴らしい。
それにしてもペスカ、入り口のデザインや色合いが、ラブホ○ルみたいだ。
でも、全体的にテカテカ光って綺麗ね。

今回のペスカと、西口のバスセンターも完成したことで、主な岡山駅周辺の改築・改装は終了。
最近は〇〇日オープン!!とメディアで大きく報道されても、知らないうちに何年も延びたりすることが多かったので、検索エンジンにゴミばかり残してもまずいな、と思って正式オープンになるまで記事を書くのを自粛していた。やっと今回、三番街編が完結したのでホッとした。

残るのは、いつになるかわからない路面電車の岡山駅乗り入れと環状化・LRTや、なんとかシティくらいか。
そういえば、岡山ヨーカドーのモール化もあったような。

Wikipedia 岡山駅・地下街





●○ 旅行するなら 「楽天トラベル」 ○●
(国内・海外・宿泊・航空券・高速バス・レンタカー・ペットホテル)

●○ 激安メモリカード & USBメモリ <<上海問屋>> ○●

●○楽天ブックス(本・DVD・CD・ゲーム)●○

●○楽天(医薬品・コンタクト・介護) ●○

●○ペット用品の Pet館(4年連続ショップオブザイヤー受賞)●○






(*゜ー゜*)
いつも遊びに来てくれてありがとう

テーマ:岡山県
ジャンル:地域情報
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック