゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この動画を見て放射線被害の認識を変えた
2011年04月11日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク



「上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告」
この動画を見て、現状の認識を変えた。
市民の混乱を避けるため、ある程度の嘘も言ってるとは思っていたので、政府や東電の発表は半分程度しか信じていなかったが、まさかここまでいいかげんなものだったとは。こんなトップの下で被爆しながら作業している方達は可哀想。

最初は、至急町ごと他都市に避難させようとか、子供だけでもすぐ避難というtwitterでの熱い呼びかけを見ても、正直ピンと来なかった。いろいろなサイトで情報提供されている放射線量のデータや、個人所有のガイガーカウンターのライブ中継、テレビでの解説番組を見ている感じだと、原発周辺は大変な状態でも、他の地域は何か落ち着いてきたかのような感覚だったからだ。

だから、外国の流す数値や図の情報があまりにも日本のものと違うので、外国人何もわかってないな。大げさすぎ風評被害で迷惑だ。と思っていた。違っていた。

動画によると、チェルノブイリ原発事故では、子供達が数十年後に発病して死んでしまい、若者の居ない街になっているそうだ。
生きていても、手術をして一生薬を飲みながら生きなければいけない。
正しい知識を蓄積しなければ…。


上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告1



上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告2



上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告3



上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告4



上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告5



上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告6




楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。