゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉ネットワーク「子どもたちに夢を 難病と闘う家族に贈るバケーション」をみて感動した。
2011年05月27日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク



 「福祉ネットワーク」という番組を初めてまともに見た。
子どもたちに夢を 難病と闘う家族に贈るバケーション (2011-05-19)」という回。
「福祉ネットワーク」は月曜から木曜まで、ほとんど毎日のようにやっているし、再放送もあるので名前は見かけたことがあるが、中身を見たことは無かった。
NHK教育の番組ということで、介護教室やレッスン的な番組だろうと思い、自分とは関係ないと考えていたからだ。
でも、なぜかその日は、たまたまチャンネルが合ってしまい、これまた何故かわからないけどそのまま見ていたら、すごく引きこまれてしまい、チャンネルを変えることが出来なくなってしまっていた。

今回は、「社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を」代表、大住力さんの活動を追いかける内容。
大住さんは、難病を持つ子供と家族に、無償で短期の旅行をプレゼントする活動を続けている。
経済的問題から旅行をしたことが一度もなかったり、家族で出かけることすらできなかった家族。

 菅原純子さんは、女手ひとつで3人の子供を育てるため深夜まで働いている。
そんな純子さんの子供、菅原真優さん(9)は小児では症例がなく、国内の患者数は数人と言われるフィラデルフィア陽性急性白血病。それまでずっと元気だったのに、7歳の時に40度を超える高熱にかかり、病院に駆け込んでからだそうだ。
映像を見ていても、とてもじゃないけど旅行の余裕などありそうもない。
お母さんの純子さんも子供に対して頑張って笑っているけれど、いっぱいいっぱいな様子だった。
そんな時この家族へ、大住力さんの団体から旅行の提案があったのだ。本当にみんな嬉しそう。

 旅行をプレゼントと簡単に言っても、もちろん多くの資金が必要。旅行の日までの間、様々な企業に協力をお願いする裏の仕事も映していた。不況だし良い感触ばかりでは無さそう。
難病の子供を移動させるため何かあっては困るので、ミーティングもしっかりやっていた。

旅行当日。
旅行先は、子供が沢山の職業を体験出来る施設「キッザニア」。
新幹線や飛行機で移動かと思ったら、ワゴンタイプの車がお迎えに。
大住さん自ら運転して高速道路で仙台の家族の所まで迎えに行ったのだ。
東京からの往復は大変だったろう。経費削減か。

家族で前日にホテルへ宿泊。
綺麗なホテルだったので、ホテル代もきついだろうと考えていたら、趣旨に賛同したホテルが無償で部屋を提供してくれているとナレーションが言っていた。

 ホテル名も映らないようにされていて場所も言わなかったので、何処のホテルかわからなかったけれど、こんな素晴らしい活動をしているホテルなら、利用する機会があれば利用したいと思ったので、ホテルの外観や夜景などからつきとめてやろうと思った。
かなり長時間頑張ってみたけれどホテルなんて山ほどあるし、都内のホテルとも限らないので、関東全域から推測するのは広すぎて無理。窓からの夜景も、高層ビルもなければランドマークや店もない。学園都市の市街地っぽい雰囲気。
あきらめかけていたら、団体のページに行けば賛同企業が載ってるかもと思いついた。いままでの苦労がバカバカしいほどあっさり発見。
浦安ブライトンホテルだ。外観もテレビの映像と同じだった。
浦安だから他にも良いホテルが沢山あるかも知れないが、こういうホテルを支えるほうが気持ちがいい。

 菅原さん親子の話に戻って、綺麗なホテルのベッドでは子供達が大はしゃぎ。
それを見ながら、お母さんも目をうるうる。
キッザニアに向かう前、大住さんは、「いかに喜んでもらうかという気持ちでいっぱいです」「準備万端です」と言っていた。
子供だけでなく、お母さんも一緒に楽しんで思い出を作れるようなプランを考えているらしい。
良い人だ。

キッザニアでは一番楽しみにしていた看護師の仕事を体験できなくて泣き出した所は残念だったけど、他の職業は楽しめた様子。
旅行の最後には、裏で旅行を支えてくれているスポンサーや、ボランティアの人達との楽しいパーティ。
みんな嬉しそう。幸せそう。
もう自分、テレビ見ながら涙ぼろぼろ。

 こういう支援団体は怪しい活動をしている所もある。外見の見える部分では素晴らしい事をやってるように見せて、中ではお金稼ぎだけに忙しい所もあるようだ。だから、ホームページやブログ程度では良い団体の見分けが付かないため、距離を置いていた。なるべく直接会って話を聞いたり、事務所に出かけて行って、備品などの豪華さをチェックしてから寄付をするようにしていた。でも、今回の「社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を」は素晴らしい団体のようだ。

これは録画しておいて、いろいろなタイミングで見直して自分を修正しないと、と思った。
NHKは見逃しても再放送があるからとても助かる。
今日、再放送があったので、しっかり録画完了した。
また泣いた。

・参考過去記事:AMDA本部に行ってきたよ! その1
・参考過去記事:AMDA本部に行ってきたよ! その2


●○ 旅行するなら 「楽天トラベル」 ○●
(国内・海外・宿泊・航空券・高速バス・レンタカー・ペットホテル)
●○ ROWA-JAPAN ●○
(格安バッテリー販売: 携帯・PDA・ノートパソコン・ビデオカメラ)
●○ 上海問屋 ○●
(激安メモリカード・USBメモリ・PC用メモリ・HDD・接続ケーブル)
●○ 楽天ブックス ●○
(本・DVD・CD・ゲーム)
●○ ペット用品の Pet館 ●○
(4年連続ショップオブザイヤー受賞)





(*゜ー゜*)
いつも遊びに来てくれてありがとう

テーマ:NHK
ジャンル:テレビ・ラジオ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
そうですか?(^_^;
http://www.mawj.org/ です。
記憶にないだけで、これまでに何処かで情報に触れているかもしれませんよ(^_-)☆

えっと、有名な処では、15年位前になるでしょうか… X-Japanの故Hideさんが、難病の少女に出会って、その後のその闘病を支えたという話は、当時かなりマスコミでも話題になっていたかと思うのですが、それをお手伝いしたのが、私どもの団体です。
旅行に限定せず「難病の子供の夢を叶えるお手伝い」というテーマで活動しています。

実は、当時、その子のご両親とは一緒に骨髄バンクの活動をしており、その前からのいきさつなどを見ておりました。
また、その前から、そのMake-a-wishの日本での創始者の方も存じ上げておりましたので、それをきっかけに、私もボランティアに加わったのです。
当時は和歌山→大阪に住んでいたので、関西支部で。今は岡山在住なので広島支部の岡山チームです(^^)v
2011/05/26(Thu) 18:30 | URL  | しゅすらん #ZoV6g8iQ[ 編集]
ギブ・キッズ・ザ・ワールド
支部かどうかはわかりませんが、自分がガンで会社を退職した後、ギブ・キッズ・ザ・ワールドの創始者の方と会って、設立したとテレビでも言ってました。

物理的には工夫で旅行できても、金銭的には全員の移動費や宿泊、観光になるとお母さんは大変でしょうね。

しゅすらんさんすばらしいじゃないですか!Make-a-wish of Japan初めて聞きました。なんか日本発で世界にみたいな団体少ないですねー。
2011/05/26(Thu) 17:23 | URL  | やまま #mQop/nM.[ 編集]
ギブ・キッズ・ザ・ワールド
ここの団体は「ギブ・キッズ・ザ・ワールド」さんの日本支部になるようですね。

最初ピンとこなくて、「ギブ・キッズ・ザ・ワールド」だと読んで、納得した次第です(^_^)
「ギブ・キッズ・ザ・ワールド」で検索すると、色々詳しく分かると思います。

私は、同じようだけどちょっと違う「Make-a-wish of Japan」に、岡山チームのメンバーとして、ボランティアで参加しているのですが、このように、宿泊費で協力して下さったり、予約した普通の部屋をランクアップして下さったりというようなホテルさんは、実は結構ありますよ(*^_^*)

本当にありがたい事です。
基本的には、ボランティア団体とホテルとの信頼関係があってこそですが。

病気の子供さんがいるご家族は、普通に旅行する事が出来ない…と思っていらっしゃる事が多いのですが、ちょっとした気配りと工夫で、旅行は可能な事が多いです。
時には、希望の旅行先には、交通手段の問題などで行けない事もありますが…出来るだけ、行きたい処に行って貰いたいと思ってお手伝いしています。
2011/05/26(Thu) 16:57 | URL  | しゅすらん #ZoV6g8iQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。