゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16GBのSDHCカードを購入。エラーチェックをしてみた。
2011年10月04日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク



ある日、楽天ポイントを見たら、何故か使用期限付きの670ポイントが残っていた。
全然覚えがない。

最近パソコンがぶっ壊れたので、マザーボードやらCPUやらメモリを購入、その後すっかり安心していた頃に液晶ディスプレイもおかしくなって購入…とかやっていたので、いつのまにかポイント付与されていたのかも知れない。
ポイント消滅まで1週間。何か買わないと。
楽天はポイントに短い期限を付けたりするので嫌い。半年~1年くらい待ってくれてもいいのに。
100ポイントくらいだったら放置するけれど、670ポイントとなると消えるのは惜しい。

もったいないので、買うものを無理矢理探す。
何処を見ても欲しいものは送料が700円とか800円。何か買ってもポイントより送料が高くなって全然お得感がない。
現金を足して好きなものを買えばいいんだけど、上記の理由で物を買いまくったのでお金ないし、楽天の狙いにハマるのも嫌。
「何か送料が安いのないかな~」と、検索欄に「メール便対応」と書いて検索し、商品を見て回った。
やっぱり送料基準に探しても、欲しくない物しか出て来ないか。

メール便対応で自分の欲しいものがある店…で、すぐに思いつくのは上海問屋くらいしかない。ということで、上海問屋で探すことにした。

ADATAのマイクロSDHC 16GB (CLASS 4)が安い。
1,500円くらい。
メール便の送料入れても1,710円か。
ポチった。
(※あやうく間違えて16GBのSDHCカードを買いそうになってしまった。今時、普通サイズのSDHCカードを買っても使う場所がない。購入するときはマイクロSDHCと間違えないように。)

結局のところ全く670円では収まらなかったので、楽天に負けた気分がして悔しいが、マイクロSDHCカードならいつかは使うだろう。
必要に迫られ欲しくて買ったわけではないので、これと言って使い道は考えていない。無駄遣いな感じがしなくもないけど、きっと将来、スマートフォンやタブレットPCを買ったら使うこともあるはず(買うのか?)。

今までSDカードを購入するときは、粗悪品をつかんでエラーだらけでデータが壊れることが心配だったので、価格が高くても評価の良いメーカーの商品を買うことが多かった。
以前なら粗悪品グループだと思っていたADATAのカードなんて絶対に選ばなかったが、低品質メーカーも淘汰された中で、まだ残っていたメーカーなので、もしかしたら品質が上がっているかもしれないと思って買ってみた。
それにしても、昔は1GB 1万3千円もするカードを何枚も買ったりしていたのに、今では16GB 1,500円か。



開封
パッケージは思いっきり低コスト。
一度開封すると、ケースとして再利用できるようには作られていない。
切り取り線を綺麗に切り取って、しまう時にまた利用しようと思いながら、そっとパッケージを切り取っていたのに、ビリっと破けてしまった。

中身
マイクロSDカードを購入すると付属していることが多いプラスチックのカード収納ケースや、SDカード変換アダプタも無し。
あまりフルサイズのSDカードを使うことは無いし、ケースもSDカード変換アダプタも、100円ショップで売っていたりするので問題なし。

とりあえず品質が心配なので、早速フォーマットしてみた。
おかしいようなら初期不良で交換してもらわないと。



SDカード変換アダプタに差して、SDカードをUSBメモリ化するアダプタを使ってフォーマット。



フォーマットにはSDカード専用のフォーマットツール、Panasonicの「SDFormatter 3.0」を使用。
順調に終了。フォーマット時の異常はなかった。
ユーザーが使用できる容量は14.8GB。16GBのパッケージ表記より1.2GBも少ない。
毎度ながら騙されたような気がする。

カードメーカーでは1MBを1000KBとしていて、パソコンのOS側では1MBを1024KBとして扱っているからなんだけど、こちらは16GBと書いてあるのを買った気でいるので損した気分。
他にはフォーマット後にOSが勝手に不可視のシステムファイルや、著作権保護のファイルをインストールしたりするというのもある。という訳で、使える容量は約15GBということだ。



お次は使用時にエラーが無いかどうか、フラッシュメモリを診断してくれる「Check Flash」というツールでのテスト。
インストール不要、レジストリを使用しないので気軽に使える。外国製のツールなので英語かと思ったら、最初から日本語化されていて嬉しかった。

読み込みテストだけでも十分な気がしたが、15GBの大容量ともなると、重要なデータを沢山入れることになと思うので、念のため読み書き両方のテストをしようと思った。けれどテスト時間が47時間もかかると表示されたので中止。
いくらなんでも47時間も待てるわけない。

仕方なく読み込みだけの簡易テストに変更したら、45分で終わった。
読み込みエラーチェックの結果はエラー無し。書き込みはチェックして無いけど、とりあえずは安心。
エラーさえなければ、少々読み書き速度が遅くても問題ない。
とりあえず、早く使い道考えないと、どこかに眠ることになりそう。

うぎゃああああああ!!ブログ書き終えて楽天ポイントを確認したら、新しく“期間限定ポイント”が173ポイント付いてた。おのれ・・・楽天め。

楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館





テーマ:PCパーツ
ジャンル:コンピュータ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。