゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍 『孫正義 伝 ~あんぽん~』を読んだ。
2012年06月15日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク



佐野眞一著、『孫正義 伝 ~あんぽん~』という本を読んだ。孫正義さんの伝記だ。タイトルの「あんぽん」は、本名(孫)に戻す前の通名(日本名)、安本からきている。子供の頃の嫌なあだ名だったそうだ。
これまでも、孫さんの歩んできた歴史を記した本は、数多く出版されてきたが、この本はどれとも違う。

孫さんの本は過去にもいくつか読んだ。
志高く 孫正義正伝」という本が、孫正義の成功物語を一番美しくまとめていると思われるが、他にも読み易く解りやすい「孫がゆく 孫正義物語」という漫画本などもある。このどちらも読んでいたので、これ以上どれを読んでも同じだろうと思っていた。
もう孫正義の大まかな歴史は、だいたい知っているつもりでいた。

結論から書いてしまうと、何も知らなかったということが分かった。今まで読んだ孫さん本が1とすると、この本は個人的に10くらいの内容だと思う。それくらい内容が濃い。
『孫正義 伝 ~あんぽん~(以下「あんぽん」)』は、本当に今までの孫正義伝とは全く違う、気軽に読み進めることの出来ない重い内容の本だったのだ。

それまでの本が、小さい頃の苦労を乗り越え、大金持ちになるまでの、外面から見た美しいストーリーだとしたら、「あんぽん」は、孫一族の内側を、これでもかという程えぐり出した、内面の物語だ。どうやって今の孫正義という人間が創られたか?というテーマにこだわっているため、孫正義本人の歴史だけでなく、影響された家族や親族の詳しい歴史やインタビュー取材も多く、半分以上を占めた内容になっている。
そのため、他の本にはあたりまえのように書かれている、一番盛り上がる快進撃部分(アメリカに留学してからの起業や、世界最大の展示会を買収した事など華やかな話)はバッサリとカットされている。

普通だったら外に出したくない、誰にも聞かれたくない、と言うような一族の本音部分を、深くえぐっていて読みづらいため、読み終わるまでにとても時間がかかった。
かといって面白く無い訳ではない。興味深すぎて簡単に読み流すことが出来ないという感じなのだ。
まあ本当にすごい人達だ。孫正義&父親。特に父親。あまりにもキャラが濃すぎて、父親、孫三憲の本と言ってもおかしくないくらいだった。

他には、この本を読むと、孫正義の歴史だけでなく在日朝鮮人の歴史も勉強することになる。
今まで、在日朝鮮人の強制連行などの話は、少し大げさだったり、保証の話を有利に進めるため、嘘もかなり混じっているだろうと考えていたけれど、炭鉱の話の部分を読むと、命を落としかねない危険な仕事は朝鮮人にやらせたりなど、「これは日本人、酷いんじゃないか?」と思う部分もあり、少し認識をあらためた。全くの嘘ばかりでは無さそうだと思った。

著者の佐野眞一さんの取材力もすごい。孫正義のルーツをたどるためならば、日本中から外国まで出かけて行って取材をしている。新たな情報が入れば一度取材が終わった相手にも再取材をし、二度と取材をしたくないような気難しい相手にさえ何度も会い、情報の精度を高めている。

興味深いのは佐野さんという人が、「孫さん大好き!」という感じではなく、かなり冷めた目で冷静に本を書いている点だ。場合によっては孫さんに対する批判や反対意見に近いことも書いたりしているため、更に内容の信ぴょう性を高めている。
普通だったら伝記本には書かれないような、孫さんに浴びせられる差別的発言や中傷(Twitterなどネット上の)も取り上げたり、原発事故後の活動や心情についてもインタビューされていたりと盛り沢山だ。

「あんぽん」、これは残しておきたい本だと思った。また自分で読み返したい、というのもあるが、人にも読ませたい。
この重い「あんぽん」を読んだ後は、「志高く 孫正義正伝」や「孫がゆく 孫正義物語」など、少し軽い本を読んで、スカッとするのが良いと思う。
くじけそうな時に読むと、勇気が湧いてくるかもしれない。

孫正義 関連本一覧【Amazon.co.jp】
孫正義 関連本一覧【楽天ブックス】

amazon激安タイムセール商品
Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:今日の一冊
ジャンル:本・雑誌
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。