゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂の床が抜けたヽ(;▽;)ノびっくり仰天。
2012年08月05日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク



お風呂の床が抜けちゃった。
ビックリ!!
タイル貼りの浴室の床。

業者に頼んで修理したら、最低60~70万円はかかるのかな~という感じ。
そんなお金ない!という訳で、自分で修理することにした。
物を作ったりするのは好きだけど、こういう建物系の作業はやったことがない。知識もない。
ネットで調べても、思ったような検索結果も出てこなかったため、とりあえず風呂場の床を壊して、直接状況を確認することにしてみた。

ひび割れた部分から、水が染み出し、風呂場を支える木の骨組みが腐っていたようだ。
水を扱う風呂場の床下が、まさか木の骨組みだったとは。
うちは木造住宅ではなく、基本的に家の骨組みは鉄筋構造だったので、風呂場の床下も金属で出来ていると思い込んでいた。

風呂場の床は、セラミックの小さな飾りタイルを敷き詰めたタイプだけど、タイルが結構高かったのと、ちまちまと同じようにタイルを並べるのが面倒だった(問題に気づいて後から修正する場合にも、はがすのが面倒だった)ので、今更、古い家を綺麗にしてもということで、コンクリートを塗るだけにした。
最近は、空いた時間でずーっと風呂場の修理をしていた。

体を洗ったりする所の床の中心が抜けたので、大きなハンマーで、残りの床部分を全部ぶっこわした。
早速、家の基礎まで降りてみたら、かなり深い。高さが1m近くあった。そんなに高い場所にあったとは。落ちたら大怪我する。床下の木製の骨組みが、おもいっきり腐っていた。

特に恐ろしかったのが、浴槽側の木の骨組みも水漏れによる腐食で全て腐り落ち、たった2cmほどの厚みのコンクリート板(骨組なし)だけで保たれていたこと。
このままだと、ある日突然お風呂に入っていると、水と人の重さに耐え切れないコンクリート板が割れ、何百リットルもの水とともに、落下するところだった。考えただけでも恐怖だ。その時の、「一体何が起こったんだ???」という、唖然とした自分の顔が想像出来るわ。

それからというもの、メジャーとペンとメモを持って、ホームセンターと家を行ったり来たり。
もう8往復くらいはしたはず。しっかり寸法を図り設計図を作って、現場写真も持って行かないと、購入する時に「どうだったっけ?」と困ることになる。設計図を持って行っても不明な点が出てきて、買わずに帰ることがあったくらいだから。
3mもある、柱用の大きな防腐処理済みの木材を購入したり、セメントや、工具、ペンキなど買いまくった。
大きすぎて車に積めない木材などは、ホームセンターで切断加工をさせてもらった。
電動ノコギリで加工してペンキ塗って、また床下に潜って寸法を測って…。

浴槽の方はコンクリート板が生きていたとはいえ、少し重みで沈んでいたので、その下に新たな骨組みを作るのがとても大変だった。
浴槽さえなければ骨組みをサクサク作って、新しく浴槽を載せるだけなのだが、上に重量物があって、その下に骨組みを再構築するというのはものすごく大変だ。

家の下に潜り込んでの作業。真っ暗でカビ臭い。初日はマスクをしてなかったので、作業終了後にすごい頭痛だった。狭いから足や頭を打ちまくり、ゴキブリさんやムカデさんやナメクジさんと目が合いまくり。怖い。
(家の床下中にゴキブリや虫が居るのかと思っていたら、床が抜けて木が腐った辺りにしか虫は居なかったから驚いた。もっと床下はジメジメしてると思ってたので)

セメント20kgや重い重い木材、超重量級の基礎石など、あまりに重いものだらけだったので、ホームセンターの無料貸し出し車を何度か借りた。軽トラック初体験。一度乗ってみたかった。乗った感想は、思っていた以上にしんどかった。シートが垂直になっていて倒せないので、ずっとピシっとした姿勢で運転しないといけない。とても疲れた。でも、物を大量に運ぶとなると軽トラ最高なんだよな。

今回、床下に潜り込んだことで、家のしくみが結構わかって勉強になった。
ホームセンターさえあれば、大体のことは、なんとかなるな~という感じだ。

骨組みが完了したら、セメントで床を作る作業。
セメントに砂を混ぜると強度のあるモルタルというものになるそうで、最初から混ざった物が安く売られていたからそれを使用。ある程度セメント作業が終わった時、またまた衝撃的な事実に直面する。

塗ったモルタルに水をポタリとこぼしてしまった。見ていると、すーっと染みこんで行った。
「え?」染みこんでしまったら、せっかく新しく作ったモルタルの下の木の骨組みが、また腐るんじゃない?
これはやばいかも?と、ネットで検索。
「コンクリートには防水機能は備わっていません」という事実を知る。
がーん。

水まわり用には、防水セメントという、庭の池やプール、トイレ、浴室などに使う防水のためのセメントや、モルタルに混ぜて使う防水剤という物があるらしい。
おーい。もっと早く言ってくれよ!
あまり売れないのか、防水セメントだけ店内の目立たない場所にあったので、気が付かなかった。

急いで防水セメントを買いに、再びホームセンターへ。
20kgのモルタルが490円だったのに、防水セメント20kgは一番安いのでも1,400円だった。3倍もするのか。高い。
ひび割れしないよう、霧吹きで水分を与えてからモルタルを塗ることも学んだ。勉強になるなあ。
(追記:防水セメントは、本当に水をはじいたのでちょっと感動)
今回の工事、材料費1万5千円で修理完了しそう(修理期間中の銭湯代とか人件費除く)。DIY最強。

毎日、泥&汗だらけ、セメントだらけ、木くずだらけ、ペンキだらけ。
そして、作業後に風呂に入れない地獄ヽ(;▽;)ノ

仕方ないので家の自転車置き場にビニールシートで壁を作り、簡易シャワー室を作って対応している。
これが思っていたより快適。真夏に外でシャワーするのが、こんなにも爽快とは思わなかった。
涼しくて気持ちいい~。何故か風呂に入るよりサッパリ感が高い。開放的だから?

そんな感じで、なんとかかんとか修理の目処がついたということで、やっとブログに復帰できたのだった。
修理完了までには、もうしばらくかかりそうだから、また間が開くかもしれないけど。

追記:(2013-10-06)
壊した床から出たコンクリート片などは、業者に頼むと高額になりそうだったので、とりあえず市に問い合わせてみた。電話で説明すると、市の処分場で引き取ってもらえることになった。わざわざ市の職員が家まで来て現物確認し、個人のもので業者の廃棄物ではないことを確かめた。当日持ち込みする車の車種やナンバーまでしっかり聞かれた。
数日後、受け渡し日時と地図が書かれた手紙が届いたので、車で処分場に持ち込んで引き取ってもらった。ゴミを捨てるだけなのに、大変な手続きだった。コンクリートなどの処分は、産廃問題でいろいろあるのかも知れない。

amazon激安タイムセール商品
Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館




テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
やままさん

参考にさせて頂きます。ありがとうございました。
2013/10/06(Sun) 21:00 | URL  | フレイ #-[ 編集]
フレイさん
わかりづらい所を修正・加筆して、追記も入れてみました。コメントの答えも含みます。
2013/10/06(Sun) 20:37 | URL  | やまま #mQop/nM.[ 編集]
やままさん、初めまして。
お風呂場を土台から修理してしまうなんて凄すぎです。
実は、我が家の風呂場もタイル床で、タイルが剥がれまくっているのにずっと放置していたので、いつかやままさんのお風呂と同じ運命を辿るかもしれません。
お金は無いので、自分も同じように自力で修理出来たらと思うのですが、やままさんはDIY経験が豊富だったのでしょうか?全くのど素人の僕には難しいですかね^^;今から多少なりとも技術の習得を考えているのですが。
2013/10/06(Sun) 19:13 | URL  | フレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2015/02/21(Sat) 00:19:16 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。