゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【静音生活】騒音が気になるので「イヤーマフ」を買った。
2012年10月29日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク



はっきり言ってわが家の周囲はうるさい。我慢できなくなって発狂したくなるほどうるさい。
マンション建設や道路工事、車、暴走バイク、選挙カー、ベランダでギター弾きながら大声で気持よく歌う近所のアパートの住人、…その他いろいろ。ここは日中だけでなく深夜もうるさいのだ。

実はその他いろいろの部分が一番酷いのだけど、訳あってそこは伏せておく。そのうるささに加え、自作パソコンのファンも相当うるさい。もう嫌!!

特にマンション建設や建物を壊すドリルの音なんて、テレビのボリュームを最大に上げても全然聴こえないくらい。頭が割れそうな程うるさくて、朝から夕方までガガガガガガと毎日やっている。マンションの夜間工事も。家にいる時は、ずっと耳栓で頑張ってきたけれど、ほとんど効果なし。小さな音や音楽が聞こえるだけで、集中できなくなるくらい音に敏感なので、これはどうにかしないと、本当に集中して何かをすることができないと思った。

そんな訳で、すがるような気持ちで、前から欲しかったイヤーマフを買うことに。工事中の人や射撃の人がしてるような、騒音を軽減するヘッドホンのような耳あてだ。自閉症や聴覚過敏の子供にも使われたりするそう。



イヤーマフは、数千円から数万円するような高価な物まで、様々な種類がある。
いろいろ調べてみると、高くて評判が良い海外ブランド物は、やはり性能が良いみたいだったが、実際のところ、どれくらいの効果があるかもわからないので、安いのを買うことにした。おそらく安物買いの銭失いになるだろうとは思ったけれど、とりあえず何か買ってイヤーマフの防音基準を作らないことには、高級品との比較ができない。すごく高いのを最初から買って、安いのとあまり性能変わらないんじゃないの?ってことになるのは嫌だ。

なぜそう思ったかというと、基本的な構造として、耳あて部分のカップの中にスポンジが入っているだけなので、高いのも安いのもあまり変わらないんじゃないか?と考えたから。もちろんスポンジの質によっては、通す音の周波数とか量が変わってくるだろうとは思うけれど、それでも、大きな違いは出ないのではないか、とにらんだ。
まあそんな感じで、高級イヤーマフ自体の性能も疑っていたので、失敗しても痛くない商品を選んだ。

騒音を聞こえないようにするということは、なるべく音が入らないように、耳をしっかり覆って塞がなければならない。
そうなると、強く締め付ける製品ほど性能は良くなるが、頭の両側(耳の周囲)への圧迫感が強くなる。
買うとするなら圧迫が強過ぎず、しかし騒音もちゃんと消えるというバランスの良い物が欲しい。
安い中でもいろいろあるので、顔の形に沿って耳の部分が動かせる調整できるものを探した。耳の部分が固定されているものは、角があたって痛くなりそうなので購入リストから外した。



そんな感じで選んだのが「イヤーマフ A812」。1000円程度の商品だ。
こんな梱包で届いた。もう、紙が全然クッションになってない。これヘタしたら輸送中に壊れるぞってくらいスカスカ(楽天のある店で買った)。
Amazonイヤーマフ楽天イヤーマフ



買った商品は、こんな風にコンパクトに収められる。これはなかなかいい。邪魔にならない。
使ってみた時の最初の感想は、「あれ?あまり音が消えてないような…これ失敗したかな」と思った。
そして、圧迫されるので頭がかなり窮屈で、使っていて痛いことがある。これ慣れること出来るだろうか…と不安になった。カップの部分が動くようになっているので、顔の側面にぴったりフィットしてくれた。

あまり音が消えないな~とガッカリしながら、イヤーマフを耳から外したら、突然、いろんな音が飛び込んできた。
パソコンのファンの音や外の喧騒。なるほど、低周波音のような低い騒音はかなり消えていたんだと、少し感動した。ファンの音は完全に消えてた。
ただ、人の話し声や外の工事音、車の音などの騒音は、ほとんど消えていなくて(多少、マイルドになったような気はするが)、完全に静音にして集中したいと思っていたので残念だった。

けれど、耳に潰して差し込むような、おなじみのスポンジ耳栓を付けてからイヤーマフを装着すると、かなり満足行くレベルで全ての騒音が小さくなった。これで十分実用になる。本音はイヤーマフだけでなんとかしたかったけれど、しばらくは併用で頑張ってみる。



イヤーマフの中身。スポンジが入っているだけ。
まだ深さに余裕があるので、低反発スポンジとかいろいろなスポンジを入れて試してみれば、まだまだ騒音が減らせるかも知れない。このスポンジの材質が、他の高価なイヤーマフとの差なんだと思う。

圧迫感は使っていると、慣れてくる。痛くなったら、時々外したりしながら使えばいい。あまり痛くない製品もあるかも。
ブログ書くときや勉強時のような、集中したい時にはぴったりだ。騒音に苦しんでいる方におすすめ。

Amazon.co.jp イヤーマフ 比較
楽天市場 イヤーマフ 比較

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館





楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。