゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8アップグレード版(ダウンロード販売)を購入!
2012年10月26日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク



Windows8をダウンロード販売で購入してしまった。
Windows7を持っているので全然買う気は無かったのだけれど、買ってしまった。

Windows7は2020年1月14日まで、長期のセキュリティサポートがされることになっているので、あと7年も安心して使える。これだけ長期サポートがあるんだから、普通なら8を飛ばして9や10を買ってもいいくらいだ。なのに…何故?

それはWindows8が1,200円で買えてしまうことがわかったからだ。
Windows 8 優待購入プログラム 対象者:2012年6月2日~2013年1月31日の間に対象PCを購入された個人。購入手続き期限は2013年2月28日まで

たまたまネットで探しものをしていて、「Windows8が1,200円」と書いてあるのをみつけ、「へぇ~最近新しくパソコン買った人は安くアップグレードできるんだねぇ。すごく安いけど、自分には関係ないか」と思いながら、ぼ~っと見ていたのだが、ふとある事に気付いた。「おい!先月 新パソコン買ってたじゃん自分!!」
成り行きで購入したノートパソコンで、あまりにも使っていなかったので、買っていたのをすっかり忘れていた。

実は今回Windows8を購入する前から、「Windows 8 Release Preview 版」という、正式な発売前の期間限定おためし版的なWindows8は試していたので、今までのWindowsと操作感がガラっと変わって使いづらくなっているのを知っていた。だから本当に、これっぽっちも買う気はなかったのだけど、普通に買ったら平気で数万円もするWindowsが、たったの1,200円で買えるとなれば、買うしか無い。

新パソコンを買わない人にも、Win8を安く買えるチャンスはある。
※2013年1月31日までなら、誰でも3,300円でWindows8アップグレード版が購入できる優待購入プログラム。こちらもかなりお得だ。アップグレード版のため、Windows7を持っていないといけない。


さて、Windows8のダウンロード版を1,200円で買ってみよう。
Windows 8 優待購入プログラムのページで、住所やその他いろいろを入力して手続きするとメールが届いた。プロモーションコードという番号が与えられ、「Windows8-UpgradeAssistant.exe」というのがダウンロード出来る。



これを起動すると、今のパソコンのスペックで利用できるか互換性チェックが始まる。



チェック後に要確認が3つほどあったので、詳細を押してみた。



『互換性の詳細』で「お使いのPCにはセキュアブートとの互換性がありません」と出たため、かなりあせった。
そういえばUEFIがらみでそういうのがあったな。今回買ったノートパソコンはWin7なので古いBIOSタイプ。セキュアブートはWin8からなんだから、Win7マシンにあるわけない。まさかこのPCにはインストール出来ないのか?と調べてみたら、無くても動いたという話があったので、無視して次に進んだ。



『引き継ぐ項目を選んで下さい』のところは、適当に「Windowsの設定、個人ファイル、アプリ」を選んだ。引き継ぐも何も、とりあえず安いうちにWindows8を購入したいだけなので、しばらくパソコン本体へインストールする気は無い。



『お勧めの Windows8』という画面が出てきた。
3,300円のWindows8 PROしか選ぶ項目がない。「おいおい、1,200円じゃなかったのかよ!安いけど3,300円じゃ買いたくないよ」と思いつつも、そこしか選べないので「注文」ボタンを押した。



『ご注文を確認します』
・2GB デジタル ダウンロード ¥3,300
・Windows DVD ¥1,589
次に出てきたのがこれ。何これ?全然わからない。Windows DVDって?デジタルダウンロードの2GBってなんだ?
「Windows DVD」の方にだけチェックボックスが付いてる。
意味不明なので、いろいろ調べてみたが、何処にも載っていない。注目OSなんだから、もう誰かが詳しい内容を解説してくれてても良いはずなのに情報が出ていない。「なんだよもう!これいつ発売したんだよ!」と思って調べたら今日発売開始だった。

「自分が一番乗りか。じゃあ、自分が悩んで情報出さなければいけないじゃん」という訳で、考えた結果、デジタルダウンロードは通常のダウンロード版で、追加で¥1,589を出せば、DVDメディア版も送ってくれるのだろうと理解した。DVDはいらないのでチェックしないで進むことに(もうちょっと補足説明書いておいて欲しいよ)。



住所とかクレジットカード番号とかどんどん要求してくるのに、全然1,200円で買えそうな気配がない。
本当に大丈夫か?このまま進んだら3,300円で買わされそうなのだが…。それでも安いけど。
最後の最後の最終確認で、「プロモーションコード」というのを入力する欄を発見。
ここへメールで送られてきたプロモーションコードを入力すると、割引が適用されて1,200円の表示に変わった。やったー!!無事に1,200円で購入完了。

購入後、プロダクトキーが画面に表示された。
そして、長々とOSのダウンロードが始まった。
ADSLなので50分ほどかかった。



次は『Windows8のインストール』
・今すぐインストール
・メディアを作ってインストール
・後でデスクトップからインストール
という項目が出てきた。先ほども書いたけれど、購入したいだけでインストールする気は全然無いので、「メディアを作ってインストール」を選ぶ。



『使うメディアを選んでください』と出たので、DVD-Rに焼きたいから、ISOファイルを選んでパソコンへ保存した。Windows.isoという地味なファイル名だった。せめてWindows8.isoとかにしてくれよ。

ISOファイルを保存しないで、いきなりウィザードに従ってインストールするような人はいるのだろうか?後からでもISOファイルがダウンロード出来る保証が無いと怖くて進められないのだが、そういう注意事項とか案内は何も表示されなかったので、結構不親切だと思った。

初心者がISOファイルをDVDに焼くには、CD ManipulatorImgBurnでも使って欲しい。

パソコンにはインストールする気は無いけれど、一応プロダクトキーが機能するかどうかは確かめたいので、VirtualBoxなどにはインストール実験をしてみようと思う。Windows7の正規版は持っているけれど、興味としてWindows 8 Release Preview 版を踏み台にしてのクリーンインストールが出来るかも調べてみたいし。

ブログ内関連記事: Windows8 アップグレード版を、クリーンインストール

「Windows 8」発売、7/Vista/XPからのアップグレードが期間限定で3300円から

Amazon.co.jp [Microsoft Windows 8]
楽天市場 [Microsoft Windows 8]

Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館





テーマ:Windows8
ジャンル:コンピュータ
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
私もキャンペーン購入しようとした一人です。
先にクレカ情報を入力させられ、本当に1200円で買えるか疑心暗鬼でしたが、この記事を読んで安心ました。ありがとう!
2013/01/22(Tue) 13:11 | URL  | スージー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。