゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚  面白いネットサービス、家庭菜園、宇宙、科学、パソコン、テレビや本、地域の話など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域ブランド調査2012」を見ての感想
2012年11月25日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク



今年も「地域ブランド調査2012」が出ていた。
この手のデータを見るのは楽しみなので、わくわくだ。

地調査方法はこんな感じだそう。
================================
調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など16項目)などを質問。調査項目は全72項目に及び、各地域の現状を多角的に分析できます。※公式ページから引用
地域ブランドNEWS by ブランド総合研究所 (BRI)
================================

「各地域のイメージ」などの項目では、やはり人口の多い関東・関西圏でのアンケート結果が中心になるだろうから、関東・関西から気軽に行ける空路や鉄路がある観光地が有利だと思う。 
山だけの地域もあれば海の地域もある。全部の市町村を正しく均等に評価なんて出来る訳はないので、仕方ないとは思うけれど、なんとなくひっかかりは感じなくもない。

この調査結果を見ながら、独断と偏見で感想を書いてみたい。個人的な感想なので、あまり深くとらえて気分を悪くしないで欲しい。

◆都道府県の魅力度ランキング
01位 北海道 63.9
02位 京都府 54.6
03位 沖縄県 48.4
04位 東京都 41.1
05位 奈良県 35.9
06位 神奈川県 34.2
07位 長野県 27.8
08位 大阪府 27.5
09位 長崎県 27.4
10位 福岡県 26.4

北海道が1位というのは、岡山県民的というか個人的にあまりピンと来ない。東日本の方はピンと来るのかな?すさまじく寒がりで南国好きな私は、北海道にはあまりビビッと来ない。

北海道と岡山は、航空路線が廃止され、距離的にも心理的にも遠い地域。岡山には蒜山高原という酪農や農業で有名な、開放感のある丘陵地帯があり、雪が多くスキー場もある。すぐ北は日本海なので、複数の温泉街やカニ・魚介類も豊富。スケールは違うが、手軽に擬似北海道観光的な感覚が満たされるので、北海道にあまり憧れが無いということもあるかも知れない。ちなみに札幌、小樽、旭川、富良野、函館など一人旅したことあるよ。

2位の京都は、小学校の修学旅行で美しい観光地を周りまくった良い思い出があったので、ワクワクしていたが、最近、旅行にいってみたら、老朽化した低層雑居ビルが多いな~と思った。街全体を昔の屋敷みたいにしろと言うのは無理なんだけどね。倉敷もそうだし。だけど、京都駅はイメージが合わなすぎてビックリした。

3位沖縄は納得。南の島最高。


◆市区町村の魅力度ランキング
01位 札幌市 60.0
02位 京都市 55.6
03位 函館市 52.8
04位 横浜市 49.7
05位 神戸市 47.0
06位 小樽市 44.9
06位 鎌倉市 44.9
06位 富良野市 44.9
09位 金沢市 42.5
10位 石垣市 41.0

市区町村のランキング。
1位札幌か。
東日本一周した時、札幌市が都会で驚いた。
その後、南下して東京に行って歩きまわったけれど、札幌市のような都会的感激が無かったから不思議。

2位が京都で、3位は北海道の函館。北海道強い。


◆各ブロック上位ランキング(数が多いので5位まで)
◎北海道
01位 札幌市 60.0
03位 函館市 52.8
06位 小樽市 44.9
06位 富良野市 44.9
22位 釧路市 31.7

◎東北
28位 仙台市 30.2
56位 会津若松市 23.3
67位 弘前市 22.2
68位 米沢市 22.0
76位 平泉町 21.0

◎関東
04位 横浜市 49.7
06位 鎌倉市 44.9
17位 日光市 32.9
18位 箱根町 32.5
35位 新宿区 28.0

◎中部
09位 金沢市 42.5
13位 軽井沢町 36.8
20位 熱海市 31.9
21位 伊豆市 31.8
24位 名古屋市 30.5

◎近畿
02位 京都市 55.6
05位 神戸市 47.0
19位 奈良市 32.4
29位 姫路市 29.3
39位 宇治市 27.1

◎中国・四国
23位 倉敷市 31.4
26位 尾道市 30.4
41位 萩市 26.4
52位 四万十町 23.7
53位 出雲市 23.6

◎九州・沖縄
10位 石垣市 41.0
11位 那覇市 40.5
12位 屋久島町 40.2
14位 宮古島市 35.4
15位 沖縄市 35.3

中国・四国は倉敷が1位。でも2位の尾道と大差ないので驚いた。尾道ってそんなにブランド力あったのか。
近場に住んでると、尾道にそれほど強いブランド力を感じないんだけどな。やはり県外から見ると映画などの良いイメージがあるのかも。どちらかというと個人的ランキングだと四国の高松などの方が尾道よりは上かな。

東北や関東ブロックは本当にどれもピンと来ない。特に東北は西日本からは行き辛い場所だからな。飛行機の仙台便廃止されたし。関東の人的には東京より横浜が凄いんだね。
東北なら青森が1位なんだけどな。青森のねぶた祭に感動したから。
イメージだけでなく、観光意欲度、居住意欲度、地域資源、町並みなどの総合評価だからこんなものか。

こういうランキングは面白い。
あまりランクに流動性が無くて、毎年似たような結果なのが残念だけど。
また次回に期待。

amazon激安タイムセール商品
Amazon.co.jp
楽天トラベル (旅行・宿泊・航空・高速バス・ペットホテル)
ROWA-JAPAN (格安バッテリー:携帯・PDA・PC・カメラ)
上海問屋 (激安 USBメモリ・PCメモリ・接続ケーブル)
楽天ブックス (本・DVD・CD・ゲーム)
ペット用品の Pet館






テーマ:地域情報
ジャンル:地域情報
楽天トラベル株式会社

価格.com ブロードバンド

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。